マンションの修繕を巡るエピソード

マンションの修繕を巡るエピソード

以前住んでいたマンションは・・・[女性 33歳]

以前住んでいたマンションは、築10年以上が経過したと言うことで、外壁の塗替えや傷んだ部分の補修、傷む前の保全工事などを含め、広い範囲に及ぶ大規模な修繕を行うことになったのです。
マンション修繕は初めての経験で、どんな感じなのか想像もつきませんでした。

修繕を始める前に、各戸住人にお知らせの回覧が何度か有りました。
その後住人を集めた説明会も行われました。
私は平日仕事しているので、始めのころの説明会には行けなかったのですが、集まりが悪いと言うことで、何回目かの説明会は日曜日に行われました。
そこに出席すると工期や行う作業について、かなり詳しい説明を受けることができ、素人の私にも分かりやすかったです。

実際に修繕工事が始まると、想像以上にやかましく、工事中はテレビの音声も聞き取りにくい状態でした。
当然お昼寝も出来ません。小さなお子さんが居る家庭はどうしているのだろうと可哀想になりました。

しかも、うちのマンションは戸数も多く、かなり大型の建物なので、修繕に1ヶ月以上かかりました。
約1ヶ月間、毎日うるさくて、しまいにはノイローゼになりそうでした。
それに何度もゴンドラみたいな乗り物が窓の外を上下するので、部屋の中が覗かれているのでは無いかと不安な毎日でした。
マンションの大規模修繕は大変だと実感しました。

注目の情報

Copyright (C)2017マンションの修繕を巡るエピソード.All rights reserved.