マンションの修繕を巡るエピソード

マンションの修繕を巡るエピソード

私の親戚に複数の投資用マンションを購入して運営している人がいるのですが、その方から先日面白いエピソードを教えてもらいました・・・[男性 53歳]

私の親戚に複数の投資用マンションを購入して運営している人がいるのですが、その方から先日面白いエピソードを教えてもらいました。

マンション運営は立地の良いマンションならば、ある程度放っておいても入居率の維持は期待できるそうなのですが、それほど条件が良くないマンションの場合は、いかに入居率を上げるための作戦を実施していくかが重要になっていくそうです。
そこで問題になってくるのが、マンション設備の補修や改善などによって発生する修繕費で、どの程度の修繕費をかけて設備を更新していくかが難しいようです。

今回、親戚から聞いたのはマンション修繕の成功例で、思い切って外壁の補修をしたのですが、予想以上に効果が上がったようです。
マンションの外壁は、マンションの第一印象を決めるポイントでもあるので、これが悪いと毛嫌いされてしまうことがあります。親戚のマンションも外壁が問題となって入居者を逃していたようで、外壁補修をすることで、入居率が十数%も高まったのです。

マンションの資産価値の重要度を再確認したエピソードでした。

注目の情報

Copyright (C)2017マンションの修繕を巡るエピソード.All rights reserved.