マンションの修繕を巡るエピソード

マンションの修繕を巡るエピソード

私が以前住んでいたマンションでは・・・[女性 44歳]

私が以前住んでいたマンションでは、それまである管理会社に管理はまかせっきりで、多くの人は全く関心を持っていませんでした。

しかし、15年が過ぎた頃から、いろいろと不具合が出てきたこともあり、そろそろ修繕をした方がよいのではないかということが総会でも議題にあがってきました。

そして、いよいよ修繕委員会も出来て、修繕をしようということになった時に、初めて理事が通帳を確認してびっくり仰天。なんと、修繕積立金がほとんどなくなっていたのです。
原因は管理会社の職員が勝手に使い込んでしまったのです。
こんなこと、どこか別のマンションのゴシップ記事でしか見たことがなかったので、まさか自分の住んでいるマンションで本当に起きるとは思ってもいませんでした。

結局、その時に計画していた修繕はできず、その後、修繕積立金を上乗せして毎月徴収し、さらに使い込んだ管理会社にも支払ってもらうことになり、何とか資金を確保しましたが、こんな大変な思いは二度としたくないと思いました。

マンションを購入すると・・・[男性 44歳]

マンションを購入すると、内装も好きにいじることができるので、賃貸とは自由度が違っていていいと思っていたのですが、マンションで避けて通れないのが修繕です。
戸数が少なければもめたりしないと思ったのは間違いで、一人一人の権利が大きいので、みんな真剣なのです。

私は集会にはほとんど参加せず、おまかせにしていたので、初めて参加した時の議論の真剣さに圧倒されました。

修繕ポイントは、外構のヒビをきっかけに外壁を全てやり直すかどうかという点です。
お金を掛けたくない派と、耐震補強まで引っ張って一気にやってしまいたい派に分かれました。
ただ、放置するのは良くないという診断士による診断結果があるので、何らかの手は打つ必要があります。
結論としては、管理会社を安いところに変えて、浮いた費用を補強に回す事で数年後に大規模修繕を行ってしまうという事になりました。
安くていい管理会社を一体どこで見つけてきたのか、パワーのある人もいるものだと思ったものでした。
Copyright (C)2016マンションの修繕を巡るエピソード.All rights reserved.